2015/3/18

よくある質問【委受託(OEM)編】

委受託(OEM)編

Q1.最少ロットはどのくらいからですか?

A1. ご要望の剤形によって異なります。弊社営業員またはお問い合わせフォームからご相談ください。

Q2.商品試作から納期までのスケジュールは?

A2. 原料の種類、製造ラインの調整、パッケージの仕上がり、包装仕様等相談しながら進めさせてください。

Q3.価格はどれくらいですか?

A3. 原料の種類、剤形、数量、バルクまたは商品での納品、包装仕様等の要素によってお見積りが変わります。まずはお客様のご要望をお聞かせください。

Q4.どのような製品(剤形・包装形状)ができますか?

A4. 【剤形】(殺菌)粉末、抽出液、軟エキス、エキス末、細粒剤、顆粒剤、錠剤
    【包装形態】細粒剤はスティック、顆粒剤は4包シールが主。

Q5.試作は可能ですか?また有償ですか?

A5. 基本的には有償です。試作内容によって金額が変わりますので弊社営業員またはお問い合わせフォームからご相談ください。→参考:「OEMの流れ

Q6.機能性素材が配合されたオリジナル健康食品を作りたいのですが、製品の企画提案はしてもらえますか?

A6. もちろん可能です。製品コンセプトをお教えいただけると、貴社のイメージに近いものをご提案することが可能と思われます。弊社営業員またはお問い合わせフォームからご相談ください。
→参考:「医薬品・健康食品を企画・開発したい方

Q7.加工工程はどの部分から委託できますか?
  (バルクのみ、充填、包装だけの依頼も可能ですか?)

A7. さまざまな形態の商品提案が可能です。弊社は原料の調達から最終製品化まで、各工程管理のもとに一貫生産工場となっております。→参考:松浦薬業企業情報サイト「お客様の手に届くまで

Q8.品質管理はどのようにしていますか?

A8. 医薬品・医薬部外品(原薬を含む)の製造管理・品質管理・衛生管理において医薬品GMPやPIC/S GMPを遵守していることはもちろんのこと、食品(食品原料)の製造においても、GMPに準拠した管理を行っております。
 原料生薬は、原産地情報と残留農薬試験や有害不純物の試験などを含む原料規格試験の結果を評価し、良質な原料を確保しています。製品の製造では、殺菌・除菌工程後の微生物試験など、各工程の試験検査結果を確認した上で次の工程に進み、最終製品での規格試験結果や包装表示の検査などを総合的に判定し、安全で安心な製品をお届けしています。
→参考:松浦薬業企業情報サイト「徹底した品質管理

Q9.GMPは取得していますか?

A9. 医薬品GMP工場を設備しています。→参考:松浦薬業企業情報サイト「自社工場の製造設備

Q10.依頼の方法、手順はどのようにしたらいいですか?

A10. 弊社営業員に直接お申し付けいただくか、お問い合わせフォームよりご相談ください。

Q11.自社持っている原料を使って商品開発したいのですが…。

A11. 法的に問題の無い原料であれば可能ですが、一度拝見してから回答いたします。

Q12.個人事業者でもお取引は可能でしょうか?

A12. お支払条件が明確で、弊社からご提示する製造数量がご希望に合えば検討いたします。弊社営業員に直接お申し付けいただくか、お問い合わせフォームよりご相談ください。

Q13.ハラルは対応していますか?

A13. 現在はまだ対応していませんが、認証に向けて情報収集中です。





ホームへ先頭へ前へ戻る