2015/6/15

学術情報提供
学術情報提供

学術情報提供

松浦薬業のデータベース

国内外の医学・薬学系の学術誌や書籍から収集した天然物に関する学術情報を、データベースとして独自に構築し、管理・運用しています。特に中国文献データベースは天然物情報が豊富。これらのデータベースから得られる迅速な情報は、的確な学術調査の核になっています。
また松浦薬業では、これらを基に新しい商品の企画、提案、販促資料の作成を承っています。学術資料や商品企画書の作成でお困り方は、ご相談ください。
  

主な学会発表
発表年 発表内容
2017 2型糖尿病治療を指向したジコッピの有用性と機序の解明
第34回和漢医薬学会学術大会(福岡)
2016 筋骨草の炎症性メディエーター産生抑制作用
第14回日本機能性食品医用学会総会(東京)
2016 パフィアの経口美肌素材としての有用性 -光老化抑制剤を指向したコラーゲンペプチドとの併用効果-
第33回和漢医薬学会学術大会(東京)
2015 紅景天の経口美白剤としての可能性
〜紫外線照射によるチロシナーゼ活性化に対する阻害作用〜

第15回日本抗加齢医学会総会(福岡)
2014 皮膚老化に対するパフィアの有効性
-皮膚繊維芽細胞活性化作用-

第14回日本抗加齢医学会総会(大阪)
2013 5-アミノレブリン酸リン酸塩、カシスエキス配合食の冷え症に対する
有用性の検討

第11回日本機能性食品医用学会総会(東京)
2007 筋骨草エキス末の関節疾患に対する有効性
第24回和漢医薬学会大会(富山)
2006 筋骨草の骨粗鬆症対応素材としての有効性(第2報)
第60回日本栄養・食糧学会大会(静岡)
2005 筋骨草の骨粗鬆症対応素材としての有効性
第22回和漢医薬学会大会(東京)
2005 皮膚老化に対するパフィアの有効性
第5回日本抗加齢医学会総会(京都)
2003 荷葉の抗肥満作用(第2報)
第24回日本肥満学会(千葉)
2003 パフィアのコラーゲン合成促進作用
第20回和漢医薬学会大会(熊本)
2002 荷葉の抗肥満作用
第19回和漢医薬学会大会(千葉)
1995 Combined Effect of Taurine and Ox Bile on Biliary Flow.
International Taurine Symposium '95(大阪)
1994 天麻の薬理学的研究(第3報)
第45回日本東洋医学会学術総会(神戸)
1991 The Effect of Promoting The Excretion of Bile by Using The Animal Bile and Bile Acids.
第5回国際中草薬シンポジウム(中国)
1990 馬鹿茸の成分研究
日本薬学会第110年会(札幌)
1990 各種動物胆の胆汁酸分析と利用について
第6回国際東洋医学会(東京)
1990 動物胆をとりまく資源環境とその品質について
第4回国際中草薬シンポジウム(岐阜)
1990 天麻及び釣藤散の薬理学的研究-血小板凝集に対する抑制効果(第2報)
日本薬学会第110年会(札幌)
1990 天麻及び釣藤散の薬理学的研究-血小板凝集に対する抑制効果(第1報)
日本薬学会第110年会(札幌)
1989 中草薬の現代医薬における位置づけ試論(その2)
〔附題〕生薬成分の配合による溶出挙動
第3回国際中草薬シンポジウム(岐阜)
1988 中草薬の現代医療における位置づけ試論
第2回国際中草薬シンポジウム(岐阜)

学会誌・業界雑誌への投稿実績
発表年 発表内容・掲載誌
2018 紅景天エキスの紫外線誘導性色素沈着に対する抑制効果
日本未病システム学会雑誌, 24 (2) , 1-7
2017 パフィアエキスパウダーの経口美肌素材としての有用性
月刊ファインケミカル, 46(6), 42-46
2015 筋骨草エキス末のロコモ対応素材としての有用性
FOOD Style 21, 19(6), 48-51
2015 5-アミノレブリン酸とカシスエキス配合食品摂取による手指および手背皮膚温の改善作用の検討
機能性食品と薬理栄養, 8(6), 539-548
2008 色素沈着を抑制する生薬エキス末、紅景天エキス末R
COSMETIC STAGE, 3(2), 51-54
2008 Beneficial Effects of Ajuga decumbens on Osteoporosis and Arthritis
(骨粗鬆症と関節炎に関する筋骨草エキス末の有効性)

Biological & Pharmaceutical Bulletin, 31(6), 1199-2004
2008 紅景天エキス末Rの美白作用
FOOD Style 21, 12(2), 52-54
2006 筋骨草エキス末の骨粗しょう症対応素材としての有効性
FOOD Style 21, 10(9), 56-59
2006 Anti-obesity effect of Nelumbo nucifera leaves extract in mice and rats.
(荷葉抽出エキスのマウス、ラットにおける抗肥満効果).

Journal of Ethnopharmacology, 106(2), 238-244
2005 Collagen synthesis-stimulating action of the extract of Pfaffia glomerata roots and its constituent 20-hydroxyecdysone.
(パフィア抽出エキスと20-ヒドロキシエクジソンのコラーゲン合成促進作用)

Oyo Yakuri / Pharmacometrics, 69(3/4), 71-76
2005 パフィアエキスパウダーの美肌効果
FOOD Style 21, 9(9), 79-82
2005 【新原料紹介】からだの内側からも美肌ケア 新しい植物性美容素材「パフィアエキスパウダー」
FRAGRANCE JOURNAL, 33(7), 121-123
2003 肥満対応素材としての荷葉 〜荷葉エキス末の抗肥満効果〜
New Food Industry, 45(5), 41-48

ホームへ先頭へ前へ戻る